タロットカード殺人事件

d0037486_0192796.jpg一見、アガサ・クリスティ。
でも実はウッディ・アレン。

このブログを書き出してからウッディ・アレンの映画を観ていないけど、実は好き。
観始めるまではアメリカ映画はあまり好きではなかったので、敬遠していたけど馬鹿のように映画に浸った時期があって、その頃に観たらハマッた。

アメリカ映画だけど、アメリカ映画っぽくない。
まぁ、打倒ハリウッドみたいだけど(^^;)

ウィットに富んだ台詞まわし。
イギリス映画のような雰囲気が好きなのだ~。

オススメにもあるように「ギター弾きの恋」はちょっと切ない恋物語。
といって、男の愚かさを描くあたりはくぅ~っ憎めねぇってなるわけだ。

さてと、今回は前作「マッチポイント」同様舞台をイギリスに移しての作品『タロットカード殺人事件』
ヒロインはこれまた前作同様スカーレット・ヨハンソン。
んで、ウッディ・アレンが手品師。ヒュー・ジャックマンが連続殺人犯の容疑者。

スカーレット演じるサンドラは学生のジャーナリスト。ウッディ演じるシドの奇術に参加しているとあの世でスキャンダルを耳にしたジャーナリスト、ジョーが出現。
今起きている連続殺人事件、遺体の側にタロットカードが置いてあることから俗に「タロットカード殺人事件」と新聞をにぎわしている事件。その真犯人が、英国貴族のピーター・ライモンであることをサンドラに告げる。サンドラは真相を暴こうとピーターに近づくも、どんどん魅かれていく。

的な。

ウッディ・アレンの真骨頂。
グロいシーンは一切ないです。サスペンスコメディがお好きな方ならゼヒゼヒ観ていただきたい作品です(^^)v
[PR]
by keronana | 2007-11-19 23:26 | 映画


主に映画と観劇の感想


by keronana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
芝居/舞台
映画
その日の出来事
takarazuka
kimono
camera
FOOD
Blythe
Frog
東のエデン
旅に出る
昔話
生長日記
雑談
未分類

以前の記事

2015年 10月
2012年 10月
2012年 04月
more...

ライフログ

お気に入り









タグ

(23)
(15)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧