パコと魔法の絵本

ようやく観に行けたパコちゃん。
池袋でのレイトショーだったせいか、客の入りもマバラで集中して観ることが出来た。

物語は舞台とほぼ同じ。
かつて観た舞台を映画化した作品のように落胆せず、これに関しては笑いの要素、泣きの要素が舞台同様ふんだんに盛り込まれていて、尚且つ、映画特有の奥深さ(スケールの大きさ)で観る者の感動をさらっている気がした。

勿論、客が自由に解釈する芝居とは違って、編集によって製作者の意図が見えてしまうのは仕方のないこと。
それを加味したとしても、良い映画だったなー。
タオルハンカチを持って行って正解。

ただキムラカエ○のシーンだけはちょっと興醒めだな。映画版、阿修羅城の瞳の阿修羅を思い出してしまいましたわ。
[PR]
by keronana | 2008-10-16 09:18 | 映画


主に映画と観劇の感想


by keronana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
芝居/舞台
映画
その日の出来事
takarazuka
kimono
camera
FOOD
Blythe
Frog
東のエデン
旅に出る
昔話
生長日記
雑談
未分類

以前の記事

2015年 10月
2012年 10月
2012年 04月
more...

ライフログ

お気に入り









タグ

(23)
(15)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧