奇人たちの晩餐会

1998年のフランス映画
上映当時、面白いから絶対観てみてと勧められた作品だけど、フランス映画ってだけで食指が動かなかった

晩餐会というタイトルから中世のアンニュイな映画と思ってた
コスチュームもの
けだるいなあ…。


おもいっきり現代劇だった


テンポや漂う空気は確かにおフランス映画だったけど、フランス映画が苦手な人でも入っていきやすい映画

内容はthe おフランス。
大笑いってより嘲笑かな

あ、思い出した。
「シニカル」
この言葉が一番しっくりする映画

人を小馬鹿にする人を皮肉った映画
でも最後にきっちりとオトしているんだけど。

こういうフランス(欧風?)ユーモアが解せる人には面白いかも
kero的にはアメリカ風なユーモアは苦手だけど、こういうユーモアは面白いというより…
何をユーモアとするかで、人格が分かってしまいそうで怖いね


ま、そこまで深読みすることのない映画ですけど
[PR]
by keronana | 2008-11-03 11:39 | 映画


主に映画と観劇の感想


by keronana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
芝居/舞台
映画
その日の出来事
takarazuka
kimono
camera
FOOD
Blythe
Frog
東のエデン
旅に出る
昔話
生長日記
雑談
未分類

以前の記事

2015年 10月
2012年 10月
2012年 04月
more...

ライフログ

お気に入り









タグ

(23)
(15)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧