人気ブログランキング |

ハムレット

ライフログに載せているようにkeroはハムレットという作品が好き。

あまり読んでいないのだけど、シェイクスピアの中でも一番好きかも(^^)
こう書くとさぞかし読んでいるかのようだけど、ホントに映画も含めて数作品だけなのであまり大きな声では言えない・・・。




はじめてハムレットを観たのは
ケネス・ブラナーケイト・ウィンスレットの長編映画。
映画なのに、途中休憩があるという優れもの。
ハムレット完全版。
原作を忠実に再現しているそう。
この長編を会社の有休を利用して行きましたよ。
既に7年位前の話だけど。

衝撃的な作品でした。
いろんな意味で。
とにもかくにも刺激を受け、それからハムレットが気になる作品に。

次は蜷川監督、藤原竜也・鈴木杏、主演のハムレット。
Byコクーン。
これも藤原君の演技の幅に感動。

単純だけど、これですっかりハムレットのトリコ。
何がいいかって?

それは台詞です。

"To be, or not to be: that is the question."
一番有名な和訳は「生か死かそれが問題だ。」

ケネスの映画では1幕ラストに掲げられる台詞。(たしか)

昨年上演された「天保十二年のシェイクスピア」で王次(藤原君)がこの台詞によるさまざまな人の和訳を読み上げていた。
それほど膨大に解釈できるこの一文。
と、いうよりもこの一文はある意味ハムレットの山場。

父を暗殺した叔父クローディアスの進退。
復讐を遂げた後の自分の進退。
それも含めてTo be~=復讐をするべきか、止まるべきなのか、思い悩む。的な事も含まれる。

さながらNOVAの「いこか、やめよか、考え中」と昔のCMを思い出す。

そう彼(ロダンの考える人)もある種のハムレット症候群(笑)



まあ、これは有名すぎるほど有名なので、もう一個。

"The time is out of joint. "
<時の関節がはずれている。>

和訳がいいのかもしれないけれど、なかなか洒落ている台詞。
結構好き。


今度、新感線の「マクベス」に行くので、これは事前に読んでおこうかな♪
by keronana | 2006-03-18 00:57 | その日の出来事


主に映画と観劇の感想


by keronana

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
芝居/舞台
映画
その日の出来事
takarazuka
kimono
camera
FOOD
Blythe
Frog
東のエデン
旅に出る
昔話
生長日記
雑談
未分類

以前の記事

2015年 10月
2012年 10月
2012年 04月
more...

ライフログ

お気に入り









タグ

(23)
(15)
(11)
(11)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧